本番には着られない衣装も選べる!

結婚式で選べる衣装には制限がある


結婚式とは、式を挙げる場所によって選べる衣装に制限があり、例えば教会で式を挙げる場合に袴姿や白無垢姿を選ぶことはできません。また、純和風な結婚式を挙げる際も色々と選べる衣装に制限が発生します。しかし、前撮りを行う場合は実際の結婚式のスタイルに関係なく、好きな衣装を選んで撮影に臨むことが可能です。また、例えばミニスカートのウェディングドレスとは本番ではなかなか着用しづらいものの、前撮りなら何も気にせずに着用できるのも魅力です。そのため、一生に一度の結婚(結婚式)なので和装も洋装も両方してみたい、というような方には前撮りはとてもおすすめです。なお、支度からロケ地までの移動に関してはどの業者も車を用意してくれるほか、ヘアメイクさんが同行してくれるのが当たり前となってきています。

前撮りなら絶好のロケ地で撮影が出来る


例えば、前撮り業者が多い古都・京都では、和装に絶妙にマッチしたロケにて最高の和装写真を撮ることが可能です。また、洋装に特化した業者においても業者が選定した洋装に合うロマンティックなロケ地があらかじめ用意されているほか、二人の思い出の地での撮影なども行ってくれる業者も存在します。そして、例えば和装の前撮りで遠方から京都に泊りがけで行くとすれば、ハネムーンの良い予行練習となります。また、結婚式の会場には基本的にはペットは参加できないものですが、前撮りであれば愛するペットと一緒に写真に収まることも可能です。さらに、出会った場所・プロポーズの場所など思い出の地で撮影して結婚してから部屋に飾っておけば、いつでも初心を思い出す事ができるなど、前撮りには様々なメリットがあります。